紙敷みなみの森

秋の森の入り口
夏の森の遠景

 紙敷みなみの森は、北総鉄道の東松戸駅と松飛台駅の間にあり、面積は約1.1haあります。
森の地形は北側の北総鉄道から南に向かって緩く傾斜しています。
春は、新緑や野草の花々が見られます。
夏は、緑の梢に直射日光が遮られた森の中を気持ちの良い南風が吹き抜けます。
秋は、モミジやイヌシデ、コナラなどの紅葉がきれいです。
特に冬は、南斜面の森なので北風が弱く、葉を落とした梢から冬の暖かな日差しがいっぱい差し込みます。
こんな小さな森でも、森の草木が季節ごとに違った風景を見せてくれる場所です。

冬の森の中。お日様がいっぱい!
森に春を告げる花、コブシ

森は個人の所有地のため、普段は立ち入ることはできませんが、定期的にイベントなどを開催し、一般公開していますので、森やボランティア活動に興味をお持ちになった方は、このサイトのお知らせや、松戸市の広報誌やサイトなどをご確認いただき、ぜひご参加ください。
また、森の整備・管理を委託されているボランティア団体「松戸市里やま応援団 みなみの森の会」の毎月3回の活動日に、森の見学や一緒に作業を体験していただくこともできます。
ご興味のある方は、下記よりお気軽にご連絡をお願いいたします。
ボランティアへの参加も大歓迎です。活動日の中で、ご都合のいい日にご参加いただければ結構です。森での活動をいっしょに楽しみましょう。
 お問合せ はこちら

みなみの森 活動日カレンダー
2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

活動日(10時~12時) 第1火曜日、第2土曜日、第3日曜日